A4COPYPAPER.NET

WELCOME TO MY PAGE

食卓の爆撃

食卓の爆撃

我が家では、ゆで卵が人気だ。

ラクだし、摂取しにくいタンパク源となるからだ。

1日1つしか卵を食べていけないというのはきっと嘘だ。

朝ごはんに卵かけ御飯を食べて、夜にはゆで卵を食べる僕はピンピンしているのだもの。

あのゆで卵好きで知られる坂東さんは大阪から東京への新幹線の車中、ゆで卵を6つも食べるという偉業を成し遂げた。

周りの人は555の豚まんや駅弁を食べている中、だ。

会社の昼休みにオフィスで弁当を食べる人がいる中、ゆで卵をバクバク食べている人をみたら、「あ、こいつ、もうすぐ会社辞めるな」とか思ってしまうだろう。

それくらい異常な光景だったと思う。

例によって今夜も我が家ではゆで卵を食べた。

切らずに1つをまるまる箸でとって食べるので、事故ることもある。

なにせツルツルしていてつまみにくいからだ。

今日僕は、そのゆで卵を落ちにくいように箸に刺して、チビチビかじっていた。

結構黄身も露わになり始めた、そのときだ。

卵が崩れ、箸からテーブルへと落下した。

「ヒューーーーーッ」という音が今にも聞こえそうな、ニュートンもヨダレを垂らす綺麗な落下。

そして次の瞬間。

テーブルに接触したゆで卵は、まるで古典的な爆弾のように、「ドムッ」という鈍い音をたて、露わになっていた黄身が四方八方に弾け飛んだ。

不謹慎ながら、まさに爆撃。

ここまで食卓を戦場に変える出来事もそうはないだろう。

あまりの出来事に、心なしか、食卓に上がっていた豚肉のローズマリー焼きの一部が焦げた気がしたのであった。

PS
最近連れがローズマリー使っていろいろ焼いてくれるんだけど、うますぎてゆで卵の登場が減りそう。

関連記事

?> ?> ?> ?>

ストーリー

自己紹介

仕事

日々のメモ

問い合わせ