A4COPYPAPER.NET

WELCOME TO MY PAGE

ユーザーファーストなWEBを作るために理解すべき概念

ユーザーファーストなWEBを作るために理解すべき概念


  • 今回の学び

  • ・ユーザーファーストに重要なこと

  • ・ユーザーのタスクとは

  • ・ユーザーのコンテクストとは


ユーザーファーストに重要なこと


UXデザインは、ユーザーファーストにWebサイトを設計することですが、いったいどうすれば、ユーザーファーストと言えるのでしょうか。



情報がわかりやすく整理されてたり、感覚的に操作方法がわかるようなデザインであることももちろん重要です。



それ以上に重要なのは、

1.ユーザーは何かしらの欲求や目的があって、サイトに訪れていることを理解すること。

2.そしてその目的を達成させること

の2つです。情報の整理や、操作方法は上記の手段に過ぎません。


ユーザーのタスクとは


ユーザーがWebサイトに訪れた動機のことを、「ユーザーのタスク」と呼ぶそうです。



ユーザーのタスクは、いつ、どんなときに生じるのでしょうか??



女性向けダイエットトレーニングジムのWebサイトならば、

電車の中で脱毛サロンの広告を見て、キレイになりたいと思ったときかもしれません。

テレビで憧れの芸能人が身体を鍛える話をしているときかもしれません。

はたまたアパレルショップに行って、気に入った服を試着したときかもしれません。



そんなときに、ダイエットに向いているトレーニングジムを知りたい!

更には、どれくらいの期間で、どれくらい結果がでるのか、料金はいくらくらいなのか、果たして自分は通えるのかを知りたい!



と思うかも知れません。



この、○○を知りたい!ということがまさにユーザーのタスクです。


ユーザーのコンテクストとは


そして、そのタスクが生じてWebサイトを利用する状況や環境、例えば"アパレルショップで服を試着したとき”や、その人の属性、そんなお店に行く人なのかなどを、ユーザーのコンテクストといいます。



Webサイトにある情報をどのように捉えるかは、このユーザーのコンテクストに大きく左右されます。



例えば、RIZAPのように2ヶ月30万円のジムを安いと感じるか高いと感じるかは、ユーザーの属性や状況、環境(コンテクスト)によって異なります。

感想


ユーザーのタスクとコンテクストを正しく明確に定義するためには、クライアントとの連携が重要になってきます。

ミスコミュニケーションのないように、丁寧にヒアリングや提案を行っていきたいと思います。

関連記事

?> ?> ?> ?> ?>

ストーリー

自己紹介

仕事

日々のメモ

問い合わせ