A4COPYPAPER.NET

WELCOME TO MY PAGE

WEBサイトの目的目標の重要性

WEBサイトの目的目標の重要性


  • 今日の学び

  • ・Webサイトの数は減少トレンド

  • ・有益なWebサイトとなるために

  • ・KGI、KPIと定める上でのポイント


Webサイトの数は減少トレンド


世の中にあるWebサイトの数は、ここ1年で1億1900万減少して、13億件くらいとされています。


https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_1908155/

この減少トレンドは、Webサイトが必要とされなくなってきているということではないと思っています。



ある程度のWebサイトを誰もが簡単に作れるようになった反面、世界No1検索プラットフォームのGoogle検索では、よりユーザーが求める情報を提供できるように、どんどん検索アルゴリズムをアップデートしています。





2018年4月には、モバイルファーストインデックス

同年7月にはスピードアップデート


有益なWebサイトとなるために


このようなことを考えると、Webサイト自体が必要とされていないのではなく、必要とされないWebサイトが存在しないも同様に扱われたり、削除されていっているのだと思います。



やはりWebサイトは、「何のために在るのか」を起点に、ユーザーにとって有益な情報を届け、適切な行動をとれるように設計されるべきものだということがわかります。





そこで、会社の活動と同じように「KGI」や「KPI」を定め、それを達成するためのWebサイトをつくることが重要です。



KGI、KPIと定める上でのポイント


KGIは、Webサイトの目的とも言える大きな指標です。



それに対しKPIは、KGIをクリアするための要素が指標として定義されたものです。



こちらは英語サイトですが、KPIの例が記載されています。


https://www.klipfolio.com/resources/kpi-examples

KPIを設定する上で重要なことは5つあると言われています。

1.明確性:関係者と共通認識を持って進められるものかどうか

2.計量性:定量的に計測可能かどうか

3.達成可能性:達成可能であるかどうか

4.関連性:KGIとの関連性があるかどうか

5.期限性:評価期間は適切か


感想


Webサイトをつくる際は、何のために、どうしたらそれが達成できるサイトになるのかを、クライアントと摺り合せながら進めていきたいと思います。

関連記事

?>

ストーリー

自己紹介

仕事

日々のメモ

問い合わせ